プロペシアの副作用を正しく知る~出来るAGA治療流れ

薄毛

効果と副作用

悩み

プロペシアはフィナステリドを主成分としていて、副作用が確認されています。誰にでも起こるわけではなく、相性が良くない方が起こるとされています。特に妊婦の方が触れたり服用すると胎児に悪影響が出てしまいます。

個人輸入の怖さ

薄毛

プロペシアの副作用に関する情報を目にする方も多いでしょう。特にAGA治療の口コミサイトなどでは様々な口コミ内容が記載されていて、プロペシアやミノキシジルなどのAGA治療薬の代表薬は様々な評価がされています。この2つの医薬品は人を選ぶ医薬品としても知られていて、相性が悪ければ副作用が生じてしまいます。これに関しては紛れもない事実で、実は副作用に関しても公表がされています。実際専門クリニックで検査を受けて処方される時は様々な服用リスクを伝えられるでしょうし、中には実際に副作用に出会った人もいます。しかしながらプロペシアやミノキシジルなどがここまで一般的に処方されている理由は安定性が高いからで、副作用が生じない方の方が多く存在します。副作用自体はありますが、その症例自体は少ないという事をしっかりと知っておく必要があるでしょう。
プロペシアはジェネリック医薬品としても存在し、ジェネリック医薬品は海外の制約メーカーなどが生成して販売を行っています。価格も安いため多くの方が個人輸入代行を通して購入をしていますが、中には偽物というものも存在しています。正規でないため中には粗悪品を通り越して別の成分が紛れ込んでいるという場合もあります。勿論こういった物を服用してしまうとプロペシアではない医薬品を服用していることと同じで、非常に危険になります。副作用に関してもプロペシアでは見られないような副作用が生じることも多く、プロペシアが副作用が多いとされている理由にもあります。勿論件数的には少ないでしょうが、実際粗悪品のプロペシアで重篤な副作用が生じてしまった方や死亡事故になったケースも多く、個人輸入代行にはそれなりのリスクが有ります。リスク的にはそもそもプロペシア自体に副作用のリスクが有るため、わざわざ更にリスクを高くする個人輸入代行を用いる必要はないでしょう。まずは正規品を服用することが重要で、必ず専門のクリニックで正しい形で処方してもらうことが必要です。

性欲の減退

悩み

プロペシアは副作用があり、その一つに性欲減退が有ります。性欲減退を起こしてしまう原因がプロペシアの主成分になっているフィナステリドで、5-a還元酵素の機能を阻害してしまうため生殖機能にも副作用が見られることが有ります。

意外と発症リスクは低い

悩み

プロペシアは副作用が発症すると危惧されていますが、その発症リスクは1.8%と特別大きな数字ではありません。勿論この数字は全てに当てはまるわけではないため必ず医師との相談をしながら服用することが必要です。